英語の勉強と成績

843785887_f9c65999fc-j.jpg

英語を勉強しているけれど他の教科に比べてなかなか成績が伸びてこないと嘆いている人も多いのではないでしょうか?

暗記科目といわれる歴史倫理などの社会生物化学などの理科は勉強すると比較的成績も比例して上昇していきます。

しかし英語の成績は学習量に比例して伸びるわけではなく、しばらくゆっくりと上昇してから比例的に伸びていきます。

英語はなかなか目に見えて成績が上がってこないのでモチベーションの維持が難しいかもしれません。

試験まで時間があるときは英語もじっくりと落ち着いて勉強していけばいいですが、もう時間がないというときは、とりあえず過去問だけやっておいて

ある程度とれればいいや

と割り切り、他の教科で点数を稼ぐという方法もいいかもしれません。

英語で点数がとれなくても他の教科でカバーできれば合格点に達することができます。

ただ、英語を重視する大学ではこの方法は使えないかもしれませんね。

>>現役医大生が教える大学受験勉強法


その他参考サイトはこちら
医学部合格のための受験対策
記憶術のおすすめは
受験生のための記憶力アップ法
タグ:英語 勉強 成績
【大学受験の英語の最新記事】
posted by 受験マスター at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学受験の英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。